久しぶり

の、禍町更新。
覚えてるかな、この小説の存在を……

まあそんな感じです。
禍町では一話に一つは高月の悲鳴を入れないといけないという使命感に駆られています。
次回の禍町更新がいつかは知らない。

拍手ありがとうございます、励みになります
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント